不動産管理会社をもっと知ろう

そもそも不動産管理会社とは?

不動産管理会社という形態が出来たのは、実はそれほど昔の話ではありません。 昔は、自宅の一室を貸し出したり、敷地内にアパートを建てることが一般的だったため、貸主である大家さんが、家賃の集金や、建物の修繕などの全ての管理業務をおこなっていましたが、昭和40年代頃から大型の賃貸住宅が徐々に増え始め、建築費用の多くを家賃収入からまかなうことが出来て、さらに、安定的な収入を得ることが出来ることから、新たに購入をした土地や、自宅の敷地内に限らずに、もともと所有をしている広い土地などに賃貸物件を建てて、運営をおこなう人達が増えてきました。

自宅から離れた場所に賃貸物件を建てた場合は、常に建物の状態を把握することが難しくなりますし、物件が大きくなるほど、入居者が増えて、大家さんだけで管理をおこなうことが難しくなります。そのため、大家さんが自ら管理業務をおこなう時代から、徐々に、管理会社に管理業務を委託する形態へと移行をしていったと言われています。 管理会社の役割は、大家さんと入居者を繋ぐパイプ役となることです。具体的には、入居者が家賃を滞納者した場合の対応や、建物を修繕する際の見積り取りや業者の手配。トラブルが発生をした場合のクレーム対応や、更新や解約をする際の手続き、入居者の募集などの業務を大家さんに代わって行ってくれます。

転勤や家庭環境の変化などで、自宅を手放さなければならない状況になった場合、売却をする方法と、賃貸として第三者に貸し出しをする方法という2つの選択肢が出てきます。その時に、自分で管理をすることが難しいと考えて、思い出のある自宅をやむなく手放す人も多いことでしょう。そんな時は、不動産管理会社に管理の方法を教えてもらったり、管理を委託したりすることで、負担をかけずに賃貸物件の運営をすることが出来るのです。

家を手放さなければならない時

家を購入する時には、ほとんどの人が、「一生をこの家で過ごす」と覚悟を決めて購入をするわけですが、長い人生の中で、予期しない事態に遭遇をして、家を手放さなければならなくなるケースは、意外に多いと言われています。 例えば、急な転勤で、離れた土地に引っ越さなければならなくなっ・・・

賃貸運営の実情と管理会社の役割

最近では、土地を購入して、賃貸アパートを建てて、メインの仕事とは別に、収入を得ようとするサラリーマンや、定年を迎えてから、所有をしている土地に賃貸アパートを建てて、家賃収入を得ようとする中高年が増えていると言います。 その理由は、賃貸アパートを建てるためには、高額な建設費用が必要とな・・・/p>